イクメン占い師の子育て奮闘日記

気になって調べた情報を発信するブログです!

日記

友達の子供にプレゼントして「センスある」と思わせる絵本を3冊紹介!!

投稿日:

友達の子供にプレゼントって、

何が良いのかなぁ?」

「絵本も色々あって、

どれを選んで良いか

わからない?」と、

お困りの方の

お力になれる

内容になっています!!

友達の子供にプレゼントして「センスある」と思わせる絵本を3冊紹介!!

今回紹介させて頂く

3冊は、

「宮西 達也」さんが書かれている

大人も泣ける絵本です

①あいしてくれてありがとう

友達の子供に子供にプレゼント

意地悪で、

嫌われ者のティラノザウルスが、

自分は、「一人ぼっち」だと

寂しい思いをしている時に、

気が弱く、目が悪い

小さな恐竜に出会って、

相手を思いやる気持ちが少しずつ、

目覚めていくのですが、、

最後は、衝撃的な最後を迎える!!

「成長」「人を思うこと」

子供にも、

わかりやすく

書かれていて、

子供・大人も感動する一冊になっています。

 

 

②わたししんじているの

子供にプレゼントしてプレゼントして「センスがいい」と言われる言われる絵本

お父さんと息子の

2人で、

ほら穴に暮らしていたのですが、

ある日、

地震が起きて、

出口が閉まる前に、

お父さんは、

息子をほら穴の外に

投げると

ほら穴の出口は

塞がってしまうという

冒頭から始まります。

息子は、

お父さんを助けようと

近くの仲間に

助けてもらうのですが、

誰も、

お父さんを、

助けることができません。

息子は、ある話を聞いて

暗い谷底に住む

恐い恐竜のもとに、

自分の命と引き換えに、

助けを求めに行きました。

子供が自分の命と引き換えに、

お父さんを助ける気持ち!!

お父さんが子供を助けた気持ち!!

それを知った恐い恐竜の、

「驚きの行動」!!

「誰かを助けたいと想う行動の大切さ」!!

「誰かを思う気持ち」!!

絵本が進むにつれて、

子供、大人と関係なく、

人を想う大切さに

気づかせてくれる一冊になっています。

 

③おまえうまそうだな

子供にプレゼント

 

2人の恐竜が出会うのですが、

食べる食べられるの関係の2人が、

一緒にいる時間を通して、

食べる方の恐竜は、

食べられる方の恐竜を、

守るために戦い、

戦いの方法を教え、

1人立ちをさせようとします。

そして、

別れの時は、

突然訪れます。

その時に、

取った行動が!!

この絵本を見た人の

心に響く一冊になっています。

 

 

子供の成長に役立つ本に

なっていて、

「なんで?恐竜はそうしたのか?」を考える、

相手の気持ちに寄り添うことができる気持ちを

養える絵本になっています。

うちの子も、

このシリーズが大好きで、

他にも種類がありますが、

今回、

特に、

子供が見ていて

面白い!!もう1度読んでと言われる

絵本を厳選させて頂きました。

 

最後まで

ブログを見て頂き

ありがとうございました。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

今回、紹介した3冊は

↓から購入できます

 

-日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100均一ドキドキブロックタワーは難易度が高い

今回の記事は、 100円均一で子供と遊べる おもちゃを紹介します。 今回紹介するのは ドキドキブロックタワーです!!         付属品 ブロック 赤色・青 …

パパを動かした息子の一言

うちは同じ部屋で川の字で 寝ているのですが 子供たちはよく、部屋の電気が消えて 寝ようとすると(お茶飲む)と言って パパとママの寝ますモードを妨害してきます ある日、また言い始めたので パパとママは( …

器用貧乏

物流会社では、正直者はバカを見る?!能ある鷹はツメを隠せ!!

このブログを見ると!! 「私は、器用貧乏で損している、、」 「あれも、これも、仕事をしているのに、 自分は、評価されていないのは、なぜ?」 「真面目にしているだけでは、ダメなの?」 が全て解決します! …

生後6カ月の娘が誤ってたべちゃったものとは!?

なかなかブログには 出てこない娘なのですが (ママからも「息子多い」と 言われていますが、) だから 今回出たわけではなくて 2人とも パパ的には 平等に愛しているつもりです 笑 話は戻って 娘がチラ …

行く前に必読!!京都鉄道博物館 ストレス無しの入場方法

  前回は京都鉄道博物館の行く際の、   私が思ったことを書かしてもらいした、   第二回は京都鉄道博物館の中の   様子を書きたいと思います   開 …